年金の手続き

合同会社設立による年金の手続き

合同会社設立日つまり法務局での登記が完了した日を基準にして、その日から一定期間内の間に、厚生年金への手続きを済ませなければなりません。また、法人としてだけではなくまた代表者としてだけではなく、該当する従業員全ても同様の手続きを行っておく必要性が生じます。登記完了日からこの申請ができる期間が短いために、ついうっかり忘れてしまうことがあり得ますが、そうならないように社会保険労務士等の専門家に依頼することも考える必要があるでしょう。厚生年金への加入が出来れば、従業員にとっては安心して働ける環境になってきます。モチベーションのアップにもつながるでしょう。忘れずに手続きを行うように、合同会社代表者は考慮して行動することが求められるところです。

合同会社設立に至るまでに個人事業主として活動してきたこともあるでしょう。ただし、個人事業主と合同会社とが明らかに異なることは、法人と個人とでは社会保険への加入ができる、できないという差が生まれてきます。個人事業主では社会保険、厚生年金への加入はできませんので、その分将来の老齢年金の支給や障害年金等の支給にも影響が出てくる場合があります。個人事業主から法人体制、合同会社にすることで、将来にわたる不安が多少は解消することにつながっていきます。このように合同会社設立によって、受けられる恩恵は大きなものです。したがって、できる限り義務付けられている手続きを遅滞なく申請できる体制作りはしておくべきものです。

このように社会保険に関する手続きはついうっかり忘れてしまって期日を過ぎてしまうことがあり得ます。そうならないためにも、社会保険労務士や法人登記を委任する司法書士との連携をしっかりと取って、行動していく慎重さは重要です。なお、社会保険労務士は社会保険に関するスペシャリストですから、その地域に多く存在して様々な手続き代行を請け負っています。社会保険労務士などに心当たりがない場合には、その地域に存在する社会保険労務士会などに相談すれば、委任先を見つけることも可能になるでしょう。合同会社設立から申請までの期日は極端に短いものです。内容によっては7日間程度しかない場合があり得ます。事前の準備と手続きの重要性を鑑み、忘れずに遅滞なく手続きを行えるように準備を行うことが非常に重要ですし、もし手が回らない場合には、専門家に委託する方向で準備することも大切なことです。

最新投稿

  • 設立後に破産したら

    合同会社を設立した後に破産した場合 会社が破産して借金だけが残ったというよな話を聞くことがあります。巨額の借金 …

    続きを読む...